読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳で初めて父になる僕のブログ

妻(39歳)の初産までの軌跡とその後を、夫(40歳)の視点で綴ってみます。

うれしはずかしベビーカーデビュー 初めて近所を歩いて思ったこと

雑記 子育て

 

f:id:chahachi:20170228234929p:plain

 

こんにちは。ちゃはちです。

 

息子も生後1ヶ月を過ぎ、少しずつ外出が出来る時期になってきました。

 

そこで、先日初めてベビーカーに乗せて近所をお散歩してみました。

 

いつもの道も、普段とは違った景色に感じましたよ。

 

 

そもそもベビーカーを嫌がらないか?

 

ベビーカーに乗せる前に1番心配だったのが、このこと。

 

超敏感背中スイッチを搭載している我が子が、果たしておとなしくベビーカーに乗ってくれるのだろうか…。

 

怖かったので、ベビーカーはレンタルで用意しました。お気に召さなければ無駄になってしまいますからね。

 

今回借りたのはコンビのメチャカル。選ぶポイントとしては、「出来るだけ軽量でコンパクトに保管できるもの」と言うことだったので。

 

使い勝手などは、またしばらく使用してから書きたいと思います。

 

で、外出の日に先立って、家の中で一回乗せて見ました。

f:id:chahachi:20170228235231j:plain

 

おお、意外とおとなしく乗っています。って言うか寝てる。

 

眠ってしまうほど居心地がいいのか、単純に寝ているからおとなしいのか…。イマイチわかりません。

 

いざ、出発‼︎も、いきなりつまづく…

 

設定したルートは、自宅から最寄り駅近くにあるスーパーまで行き、買物をして戻ると言うもの。通常だと片道10分ほどの道のりです。

 

幸い天気も良く、日差しがポカポカして風も穏やかなので散歩には良い気候。

 

どの程度の防寒が適当なのかイマイチ分からないところがありますが、室内着の上にモコモコのオーバーオールを着せて見ました。

f:id:chahachi:20170228235410j:plain

 うーん。またもやこの段階で寝てますね。

 

おくるみもいつでも使えるように携帯。なんやかんやと荷物が多くなるもんですね。近距離ですが、替えのオムツも持ちました。

 

妻のママバッグも大きめのものを選んだように思ってましたが、それでもちょうど良いくらいなのかな?

 

あまり大き過ぎても機動力が奪われますが、それなりの容量はやはり必要みたいです。

 

あるのかわかりませんが、パパバッグも欲しくなりますね。言いにくいですけどね、ぱぱばっぐ。

 

さて、では息子を乗せて颯爽と街に出ましょうかー、しゅっぱーつ‼︎

 

と、思いましたが…、あれ?動かない…。

 

説明書の通りロック解除は確認したはずなんだけどな?

 

自宅前で再び説明書をめくり、何が悪いのか確認。完全なるベビーカー素人。初々しいアラフォー夫婦。ちょっと恥ずかしい。道行く人にジロジロ見られてる気が…。

 

なんだ、ロックと呼ばれるものはもう1つあったのか。肝心な車輪のロックを解除してませんでした…。

 

チャイルドシートを初めて使うときもそうでしたが、説明書はしっかり読み込まないといけませんね。

 

昔は新しいものは何でも、説明書を穴が開くほどじっくり見てたんですけどね。最近は集中が続かない。歳のせいかな。

 

いや、諦めるな、前を見ろ。加齢など気合と根性でどうにでもなる。気を取り直して出発‼︎

 

いつもの道がいつもと違う

 

ベビーカーを押して歩くのは初めてでしたから、力加減というか、どれくらいスピードを出したら良いのかがよくわかりません。

 

押し出す距離と歩幅が合わなくて、頻繁に車体を蹴ってしまいます。なかなか難しいな。

 

そして普段は全く気にしていませんでしたが、舗装された地面でも意外とでこぼこしていますね。

 

舗装がつぎはぎのようになっていて、同じ道でも場所によって凹凸が全然違います。

 

歩道の段差も自転車ではほとんど気にならないレベルでも、ベビーカーだとそれなりに勢いをつけないと乗り越えられなかったりします。

 

あまり振動が激しいと泣き出すんじゃないかなと心配しましたが、割と平気そう。静かにしてます。

 

ベビーカー自体がそれなりにショックを柔らげる作りにもなっているみたいです。

 

とは言えあまりにも静かなので、幌を開けて覗いてみると…

 

f:id:chahachi:20170228235654j:plain

 

完全に寝ている。自宅のベッドでは寝かしつけるのにかなり苦労するのに、スヤスヤじゃないか。

 

程よい振動が好きなんですかね。チャイルドシートに乗せても、信号待ちで泣き出して動くと泣き止む、というのを繰り返してましたから。

 

それから妻と交代しながら押していましたが、段差だけでなく、色々なものにちょっとした怖さを感じます。

 

通り過ぎる車や自転車。大通りを渡る横断歩道や交差点。

 

いつもの道がこんなに怖いものかと。

 

これは単純に「慣れ」の問題かもしれませんが、やはり周囲にはしっかり気を配っておかないといけないですね。「轢かれる」だけでなく誰かを「轢く」可能性もありますからね。

f:id:chahachi:20170228235824p:plain

 

 

なんやかんやで目的の買物も済ませて無事帰宅。1時間弱でしたが、やっぱり外出すると気分転換になりますね。まぁ日々仕事に行くのに外には出ますが、残念ながら気分は良くないですから。

 

息子はというと、終始おとなしく、というかほぼ寝てました。帰宅するやいなや目をさまし、スイッチオン…。内弁慶なのか。

 

ベビーカー論争について

 

最近話題になりましたね。あるお寺が初詣に際してベビーカーの自粛をお願いしたのに端を発して、あーだこーだとちょっとした騒ぎになりました。

 

もともと一部のマナー無い利用者の迷惑行為が続出したために、寺側が安全を考慮した結果の苦肉の策だったようで。

 

ともあれそんな背景が表に出る前に「差別だ」「いや迷惑だ」などと一気に盛り上がりを見せたところを見ても、ベビーカーに対して日頃から思うところがある人たちが多いのだと感じます。

 

立場が違えば思うことは違う。皆自分の生活を「最適化」したいと考えるわけで、それは利己的なことなのだけど、そのことからは逃れられないものだと思います。

 

ですから「混雑する場所でベビーカーを使用することは是か非か」みたいな二元論で言い争っても、明確な結論は出ないように感じます。

 

それぞれの立ち位置から主張される「是非」は表と裏でしかなくて、どっちから見るかで変わってしまうものですから。「正義」と「悪」みたいなものですかね。

 

結局は立場の違う人たちがそれぞれ妥協・譲歩しながら、その場その場で落としどころを見つけるしかなくて、それ以外にフェアな解決法は無いのではないかと思うんです。

 

僕たちはこれからベビーカーを使う立場になる訳ですが「子育てをする側は優遇されるべきである」みたいな不遜な態度はとらないよう、出来る限り周りに配慮しながらスペースを使わせてもらえたらと思います。

 

まずは自分達が謙虚でありたいなと。

 

でもその前に操縦に慣れなくては…。危険運転をしないように。

 

では、また。