読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳で初めて父になる僕のブログ

妻(39歳)の初産までの軌跡とその後を、夫(40歳)の視点で綴ってみます。

40歳で感じる焦りの正体

 

f:id:chahachi:20161123225327j:plain

 

こんにちは。ちゃはちです。

 

40歳になったことをきっかけの一つとしてこのブログを始めましたが、何だかけっこう焦りを感じてるんですよね。

 

今回は思いつくまま書いて行きます。

 

書き殴りです。

 

 

何が変わるのか

 

別に40歳になったその瞬間に白髪がガンガン生えてくるとか、ほうれい線が濃くなるとか、かき揚げそばで胃もたれするようになるとか、別にそんなことはないですし、ましてや、突然おしゃれなバーに入り浸るとか、休日もカジュアルなジャケットスタイルで首に謎の布を巻くとか、愛読雑誌がプレジデントになるとか、そんなことはありません。

 

39歳→40歳で、何かが劇的に変わった人なんてそういないんじゃないかと。

 

それでもやっぱり、自分にとってこの40歳という節目は、何か今までに感じたことのない、焦りのような、身が震えるような、そんな感覚でした。

 

自分ではなく、他人の見る目が怖いのだ

 

結局のところ、自分がどうなのかよりも、他人が自分をどう見るのか、そっちの方がよっぽど怖いのではないか、それに身震いしているのではないか、そんな気がしてきました。

 

仕事でも、それ以外でも、皆がモノサシを持って僕を測りにくるんですよ。目盛には年齢が刻まれていて…

 

「君は40歳になったようだね。どれ、このモノサシで測ってみよう。おや?おかしいな?全然足りてないようだぞ。君は本当に40歳なのかね?」

 

期待される40歳像

 

僕自身の年齢モノサシでは、40歳って例えばこんな感じです。

 

  1. どっしりと落ち着いている
  2. 社会性を備えている
  3. 仕事では部下を持ち、経験が豊富で、手本となる行動を取っている
  4. 家庭においては子供を持ち、経済的にしっかりとその成長を支えている
  5. または、子供がいなくても、決して幼稚な言動はとらず、しっかり地に足のついた人生設計を持っている

 

で、現実の僕は…。

 

  1. ちょっとしたアクシデントですぐ慌てる
  2. 人付き合いが面倒くさい
  3. 部下はいるが、一緒になってヘラヘラしている
  4. 安月給
  5. 頻繁に小学生男子並みの単語を連呼し、その場しのぎで生きている

 

これはいけない…。

 

なぜ、精神年齢が追いついていないと感じるのか

 

これには自分なりに思うところがあるんですね。

 

僕は30歳過ぎてからそれまでの仕事を辞めて、全く別の業種にキャリアチェンジしました。

 

で、その世界では上司や先輩が年下なんてことは当たり前で、それまで築いてきたキャリアとか年齢とか、いったん放り投げないといけなかったんです。

 

そういう姿勢を求められていたし、自分もそれが必要だと思って30代を過ごしてきました。

 

で、いつの間にか40歳。

 

あれ?もう…?うそだろ…。

 

で、自分のモノサシで改めて測ってみたら全然足りてない。

 

ヤバイよヤバイよ〜。人が年をとるって忘れてたよ〜。

 

結局、人を変えるのは他人

 

こんなことを言うと「他力本願で、主体性のないやつだ」と思われるかもしれません。まぁ実際ないんですが、これは否定できない事実なんだと思うんですよね。

 

仕事でも何でも、周囲が

 

「こいつにはこうあって欲しい。」

 

という希望、つまり期待をかけられることで、人は意識的にせよ、無意識的にせよ、その期待されてると思われる方向に、自分を寄せていくよう努力していくものだと思うんです。

 

で、その結果いつのまにか変化している。

 

人という生き物が社会性を持っている限りこれは真実だと断言します。

 

だから人がどういう変化を見せるか、見せないかっていうのは周りの環境、他者がすごく関係するんだと思います。

 

僕にとってはつい最近まで「年齢なんか気にしなくていい」って言ってくれてた(と思い込んでた)のに、急にですよ、「あー君はもう40かー」って。「もういい年なんだからしっかりなさい」って。

 

世間一般には40歳にもなれば、「いくらなんでも、もう若くない」という期待を急にかけてくる。

 

では、社会性の乏しい僕はこれからちゃんと変化していくのでしょうか。

 

 

 これからどうなっていくのだろう

 

焦りを感じているということは、それなりに模範的40歳(?)に寄せていく努力はしていくのかな、と思います。

 

社会性がない以上ににビビりなので、うしろ指さされながら生きるのはイヤ。

 

そして、もう一つ、自分が親になるという現実

 

何よりもこれが自分に大きな変化をもたらすのかも知れないです。

 

自分を変える新たな他者がもうすぐ誕生しようとしている。

 

うん、そう思うと何か行ける気がしてきました。

 

今後の展開パターンとしては以下

 

1.めでたく年齢相応の精神性を身につける

これがベストシナリオ。

おめでとう。良かったね。

 

2.狙っていた精神性を身につけるも、実は世間的に50歳の基準に近かったため、かえって老ける

まぁ、自分が「こう期待されている」って思っても結局推測ですから。取り違えることもあるでしょう。

 

3.狙っていた精神性を身につけるも、10年かかってしまったため、まだ追い付かない

これは、ちょっとありそうですね。

死ぬまで追いかけっこです。

 

4.精神の成長がこのままストップする

こうならないように気をつけます。

 

5.逆に幼児退行する

最低です。

相手する子供が二人になったら、妻は僕をドブに捨てるでしょう。

 

まとめ

 いや、まとめも何もないですね。

思いついたことをただ書き殴っただけの内容です。

 

こんな記事に最後までお付き合いいただいた奇特な方には、お詫びとお礼の気持ちを込めて

 

500ちゃはちポイント

 

を差し上げます。

 

使い道は特にないのでそっと心の中にしまっておいてください。

 

ではまた…。